スポンサーリンク

2017年05月23日

ソフトバンクは日本のバークシャーになれるか?

トランプ米大統領は10年以内に予算を均衡させる取り組みの一環として、低所得者向けの給付金プログラムなどの支出を1兆7000億ドル(約189兆5000億円)削減することを提案するようです。
23日に公表される予算教書の詳細にはフードスタンプ(食料配給券)を含めて10年間で貧困対策プログラムの2740億ドル削減が盛り込まれ、またメディケイド(低所得者向け医療保険)の支出も8000億ドルの削減を求めるそうです。

良い悪いは別にして、日本でこのような政策を発表すれば、一斉に「弱者切り捨て」とメディアから総バッシングを食らうことが確実で、選挙への影響が怖くてとても出来ないでしょうね。
そのくせ借金を何とかしろ、歳出を削減しろと言いたい放題で、アメリカ政治がうらやましくもあります。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | マーケットニュース