スポンサーリンク

2017年06月16日

グロース株投資家は今回の急落をどうとらえるか

米国みずほ証券のアナリスト、アブヘイ・ランバ氏が、アップルの株式投資判断を「バイ」(買い)から「ニュートラル」(中立)に、また、目標株価も160ドルから150ドルに引き下げました。
「投資家は次期アイフォーン8に対する強い需要をすでに株価に織り込み済みなので、今後、株価が上昇する余地は限定的。
消費者も今度ばかりは新製品にお金を使う可能性は低く、18年度の同社の成長の可能性は低い」と悲観的だそうです。
20170613-1.png
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | マーケットニュース