スポンサーリンク

2017年07月12日

禁断の手、それはやらない約束でしょ

アマゾン、グーグル、アップル、マイクロソフトは、立ち上がったばかりのスマートスピーカーで熾烈な競争を始めています。
それぞれのスマートスピーカーであるアマゾン「Amazon Echo」、グーグル「Google Home」、アップル「Home Pod」、マイクロソフト「Invoke」には、音声アシスタントAIであるアマゾン「Alexa」、グーグル「Google Asistant」、アップル「Siri」、マイクロソフト「Cortana」が搭載されています。

各社がこぞって参入する訳は、この端末が家庭におけるIoTの中枢になるからです。
しかもスマホのように、買い替えや他社への乗り換えの可能性はかなり低いと予想されています。
特にアマゾンにとっては、この端末がパソコンやスマホにとってかわる、通販の入り口になる可能性が高く、音声認識ということで、パソコンやスマホを敬遠していた高齢者にも受け入れられる可能性が大いにあります。

アマゾンが打った禁断の手とは
51XLuC1rZpL.jpg
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | アマゾン(AMZN)