スポンサーリンク

2017年07月15日

生活必需品の下げにより微減〜株式運用状況(2017年7月)〜

孫さんがバフェット氏・マローン氏とスプリントへの出資で協議
ソフトバンクグループの孫正義社長が、資産家ウォーレン・バフェット氏およびケーブルテレビ業界の有力者ジョン・マローン氏とスプリント出資について協議したそうです。
バフェット氏は100億−200億ドル(約1兆1250億−2兆2500億円)の出資を検討している一方、マローン氏も追加で資金を投じる可能性があるということです。
バフェット氏は投資会社 バークシャー・ハザウェイ を、マローン氏はCATV大手チャーター・コミュニケーションズの大株主であるリバティー・ブロードバンドを、それぞれ率いています。
この動きにより、スプリントが一時8%を超える値上がりになったほか、TモバイルUSの株価も上昇し、一時1.3%高でした。
仮にバークシャーが出資することになると、当然Tモバイルとの合併が視野にあるものと思われ、そこにチャーター・コミュニケーションズがどう絡んでくるか今後の動きに注目ですね。
※個人的には、よほどの合併の確証がないとバフェット氏は出資しないと思いますが。

2017年7月15日現在の株式運用状況:
20170715-1.png
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | 運用状況