スポンサーリンク

2017年07月18日

P&Gがデュポンと同じ運命をたどるならば待っているのは株価急落

先日、孫正義氏が、スプリントへの出資を巡ってウォーレン・バフェット氏とジョン・マローン氏と会合をもちましたが、話し合いはまだまだ初期段階とのことで、まとまらない可能性もかなりあると思われます。

孫さんの狙いとしては、バフェット氏の出資というお墨付きを得ることによって、現在暗礁に乗り上げているTモバイルUS(TMUS)との合併交渉をなんとか軌道に乗せたいということだと思います。
しかしそれでも、スプリントは債務を抱えていて魅力にとぼしく、TモバイルUSとの交渉はかなり厳しい状況が予想されます。

そこで、TモバイルUS以外の合併先として、CATV大手のチャーター・コミュニケーションズ(CHTR)やコムキャスト(CMCSA)に狙いを定めてCATV業界と太いパイプを持つマーロン氏と会合を持ったと見られます。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | その他の銘柄