スポンサーリンク

2017年02月23日

【JNJ:記録保存】ジョンソン&ジョンソン 2016-4Q決算

JJ.png 
第4四半期決算: EPS:〇、売上高・ガイダンス:×
・EPSが予想$1.56に対し$1.58
・売上高が予想182.6億ドルに対し181.1億ドル
・売上高成長率は前年比+1.7% ドル高で売上高成長率は−0.6%分、押し下げ
為替要因を除いた売上高成長率は+2.3%
コンシュマー部門売上高は−1.5%の133億ドル
薬品部門売上高は+6.5%の335億ドル
医療機器部門売上高は−0.1%の251億ドル
2017年EPSは予想$7.12に対し、新ガイダンス$6.93〜$7.08が提示
売上高は予想751.3億ドルに対し、新ガイダンス741〜748億ドルが提示
最大売上をほこる関節リウマチ治療薬「レミケード」の後続薬がファイザーにより発売されるとの発表があったことから株価下落。
2ffc7905.png
アナリストレポート:
16年12月期第4四半期(10〜12月)決算で、売上高は市場の予想に達しなかったが、最終利益は税負担の減少などにより予想を上回った。
主要部門のすべてで営業増益を達成した(増益率は、医薬品10%、医療器具・診断機器5%、消費者用品8%)。
競争優位性評価「高い」を支持する内容といえる。 (17 年1月24日)
ニュース
1月26日、スイスの製薬会社アクテリオンを300億ドル(約3兆4000億円)で買収し、アクテリオンの研究開発(R&D)部門をスピンオフすることで合意したと発表しました。
J&Jは高血圧症関連の治療薬で首位に躍り出ます。
J&Jはアクテリオン1株あたり280ドルと直近から3割強上積みした価格を提示し2月からTOB(株式公開買い付け)を実施します。
アクテリオンは肺動脈高血圧症の治療薬などを有していて、J&Jは高い成長が見込めるバイオ医薬品の製品群を取り込み、医薬品部門の収益力を高め、地域的な補完関係も築ける見込みです。
またアクテリオンは新薬探索などの研究開発部門を分社化し、スイス証券取引所に株式を上場させる計画で、J&Jはこの新会社にも16%出資し、さらに16%を追加出資する権利も取得しました。
今回の買収のようなバイオ医薬品関連企業をターゲットとしたM&Aの動きはまだまだ継続しそうです。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/02/23)ダウ平均: 20810.32、S&P500種:2363.81、日経平均:19371.46、ドル円:112.654

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 06:22 | Comment(0) | ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]