スポンサーリンク

2017年05月29日

今年も北米企業「バロンズ500」ランキングが出ました

G7サミットが終わり、トランプ大統領の外遊も終わりましたね。
これで米国は再び内政に関心が戻ります。
また、ごたごたに戻るのか? 外遊期間で多少ほとぼりが冷めているのか?
トランプ氏は、気が重い帰路だったのではないでしょうか。
20170527-1.png

バロンズ500とは、 「成功している北米企業ランキング」で、クレディ・スイス の一部門の"HOLT"が、北米の上場企業のうち売り上げ規模上位500社を対象に、(1)過去3年間のCFROI(キャッシュフローに基づく投資収益率)の中央値、(2)その中央値との比較での直近の会計年度におけるCFROIの変動率、(3)直近の会計年度における増収率、という三つの指標の均等加重によるランキングを行ったものです。
ちなみにROI(Return On Investment)とは、投資対効果の意味で、投資したコストに対してどれだけ利益を得ることが出来たのかを測る指標です。
増収率を指標にランキング付けしているので、上位企業にはハイテクとヘルスケアが多くなっています。

昨年に続いて1位にランキングされたのは、医薬品卸売り大手のアメリソースバーゲン(ABC)でした。
薬価低下懸念の中でも株価は年初来で15%上昇しています。
事業環境には高齢者の増加持続的な追い風があって、スペシャルティ医薬品を販売する部門は、13四半期連続で2桁台の増収を達成しているようです。

2位には製薬企業のアッヴィ(ABBV)がランキングされました。
リウマチの大型薬であるヒュミラへの依存度が高過ぎると投資家からはあまり評価されていません。
しかし2016年の研究開発費は44億ドルで、前年比約2%増加しました。
免疫とがんの分野で良好な進展をみせていて、慢性/急性リンパ腫およびマントル細胞リンパ腫治療薬のイブルチニブの2016年の販売額は18憶ドルで、前年比2倍に増加し、2020年には年間売上高が50億ドルに達すると予想されています。
リウマチ薬のリサンキズマブと乾癬(かんせん)治療薬のウパダシチニブは、パイプラインの中でも有望だそうです。

3位にはホテルチェーン大手のマリオット・インターナショナル(MAR)がランキングされました。
最近のランキングで順位が安定していて、増収は2桁台で余剰キャッシュフローも潤沢です。
同社の売上高の大半は、管理する不動産とフランチャイズからの手数料によるもので、6100件のホテルのうち、保有またはリースしているのは約2%にすぎません。
しかも手数料収入は過去数年間で年率約7%増加しています。
客室数も現在の客室数の約3分の1に相当する42万室の追加を予定していて、その約40%は既に建設が始まっています。
マリオット・インターナショナルは全くのノーマークでしたが、下記の通りほれぼれするようなチャートです。

20170527-2.png


4位はカナダの生命保険会社サンライフ・フィナンシャル (SLF)、5位は住宅建設大手の NVR (NVR)となっています。

そしてフェイスブック (FB)は昨年の10位から今年は6位にランキングされました。
過去最高の業績を引き続き更新していて、直近四半期の営業利益率も前年同期の37%から41%へ上昇しています。
EPSは前年の60セントから1.04ドルへ増加し、月間アクティブユーザー数も17%増加しています。
広告主需要もユーザー数も増加していて、2012年に買収したインスタグラムも売上高をけん引しています。

今年のランキングでは、上位常連の石油企業数社が原油価格の下落によって売上高基準を満たさずランキングを外れているのが特徴で、油田開発サービス大手のハリバートン(HAL)がかろうじて500位にランキングされています。

新規企業としては、電気自動車(EV)メーカーの テスラ (TSLA、376位)、銀行持ち株会社のキーコープ(KEY、155位)と M&Tバンク (MTB、10位)などで、3社共に売上高が急増してのランクインです。
順位が大変動した企業としては、バイオ医薬品大手ギリアド・サイエンシズ(GILD)はCFROI関連の低下と7%の減収によって昨年の2位から382位へ大きく順位を落としました。
地銀大手のフィフス・サード・バンコープ(FITB)は、CFROIの低下と3%減収によって順位が84位から443位へ低下。
アップル(AAPL)は減収に加え、2570億ドルの現金と有価証券がCFROIを低下させて、59位から380位へ転落しています。

一方、天然ガス企業のワンオーケー(OKE)は461位から134位へ、カナダの自動車部品大手 マグナ・インターナショナル (MGA)は416位から96位へ、製薬大手の イーライ・リリー (LLY)は454位から198位へ上昇しました。

このように前年の業績で極端に上下するランキングですし、株価や将来性などとはそんなに連動していないランキングですが、聞きなれない優良企業を見つけるには、なかなか面白いランキングになっています。

 気が向いたらポチッとクリック 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/05/29)ダウ平均:21080.28、S&P500種:2415.82、日経平均:19682.57、ドル円:111.375
20170527-3.png
20170527-4.png

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。