スポンサーリンク

2017年07月23日

ドルコスト平均法をやらない理由

先日の記事:「自分が個別銘柄に集中投資する理由とは」にて個別銘柄集中投資について、問題があることを認識しつつも放置していた反省ついでに、ドルコスト平均法についても反省しちゃいます。

20170630-10.png

大人の投資家の投資手法、
・ドル円の為替レートにとらわれず、ドルコスト平均法にて決めた日に決めた額を定期的にドル転
・株価にとらわれず、決めた日に決めた銘柄を決めた額、定期的に購入

毎回定額を投資することで安いときは沢山買い、高いときは少しだけ買うことになり結果的に平均取得価格が引き下がる。
確たる投資ルールを定め、そのルールに従って機械的に投資することによって、日々の為替レートや株価に一喜一憂せずに投資が可能。
そうすることにより、株価の値動きなどに心を煩わされることがない。

一般的に広く推奨されている投資法ですね。

ドルコスト平均法をやらない理由とは?
有効性は認めつつも自分がドルコスト平均法を採用しない理由とは、

・市場の値動きに対して、買いたいときにタイムリーに「買えないストレス」

・購入日を固定することで発生する、あの値下がり時に「買えたならストレス」

・日々のマーケット情報、チャート予想が「活かせないストレス」

ならばいっその事、マーケット情報やチャートなど見なければいいと見ない事にすると
・何かおきていないか気になるが「見れないストレス」
などなど

大人の投資家になり切れず、日々のマーケット情報や値動きが気になる自分のような投資家は、ドルコスト平均法のルールで縛られれば縛られるほど、ガマンをしいられ、ストレスに苦悶するのです。
つまりは、ドルコスト平均法をやらないのではなくて、やれないのです。

なにより、半分趣味感覚で投資を楽しんでいる自分にとっては、銘柄・タイミングを選択できない時点で"楽しくない"ということになっちゃいます。

ではどうするか?
昨日の記事の通り、反省を踏まえて、個別銘柄集中投資については速やかに修正しました。
しかし、ドルコスト平均法まで取り入れるとホント投資が楽しくなくなっちゃうんで、当面保留ですね。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/07/23)ダウ平均:21580.07、S&P500種:2472.54、日経平均:20099.75、ドル円:112.153

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。