スポンサーリンク

2017年07月31日

4-6月期の米GDPは2.6%増と堅調

28日に米商務省から、4-6月期の国内総生産(GDP)の速報値が発表されました。
20170729-4.png

4-6月期 GDPの注目点は、
・前期比年率1.4%と低調だった1-3月期のGDP確報値から、どこまで回復するか

・GDPの3分の2以上を占める個人消費の動向

・1-3月期に急増した企業投資が落ち込まないか
というところでしょうか。

注目の結果は?
米商務省の28日発表によると、4-6月期のGDP(季節調整済み、年率)速報値は前期比2.6%増で、市場予想の中央値:2.7%増とほぼ一致しました。
1-3月期は1.2%増と、従来の1.4%増から下方修正されました。

個人消費の動向は?
実質個人消費は、4-6月期に前期比年率換算で2.8%増と全体を大きく押し上げました。
非住宅固定投資も5.2%増と下支えしましたが、住宅投資は6.8%減となり、減速しました。

企業設備投資は?
機器・設備への投資が2015年7-9月期以来の高い伸びとなる8.2%増を記録したのはサプライズでした。
建物・構築物への投資も4.9%増となりましたが、それ以外の総民間投資の伸びが鈍化して、トータルの企業設備投資は5.2%増と、1-3月期の7.2%増から減速しました。

結果としては、1-3月期の低調から盛り返し、良すぎず、悪すぎずという意味で、良い内容だと思います。
このままいけば、年末にかけてGDP成長率を2.5〜3.0%くらいを見込めますので、FRBにとっても年内にあと1回利上げでちょうど良い景気状況ではないでしょうか。

これでバランスシート縮小へのハードルをまた一つ越えたといってよく、9月に縮小発表、10月に縮小開始に向けて着々と進んでいますね。

タバコ規制に関する情報
FDAのスコット・ゴットリーブ長官の発言:
FDAは健康被害の低減を目指す戦略を採用し、既存製品の規制強化と「タバコより危険性が低い可能性がある新製品」の開発促進のバランスを取ろうとしていると説明しました。
高級葉巻を対象外にしたり、電子タバコなど健康リスクを低減した製品への新規制適用を遅らせたりする措置を検討すると述べました。

電子タバコに関しては、規制適用を遅らせるなどで促進するとの発言はありましたが、非適用とするとは述べませんでした。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/07/31)ダウ平均:21830.31、S&P500種:2472.10、日経平均:19925.18、ドル円:110.680

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | マーケットニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]