スポンサーリンク

2017年08月15日

バフェット氏がGE株を全売却! IBMの保有もさらに減らしていた

バフェット氏がGE株を全売却!
ウォーレン・バフェット氏の率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが、保有していたゼネラル・エレクトリック(GE)株をすべて売却していたことが明らかになりました。
バークシャーは3月末時点でGE株を約1058万株、金額にして3億1544万ドル(約345億円)保有していましたが、業績の悪化でGE株は今年に入って15%下落していて、ついに見切りをつけました。

保有株式の3分の1を売却したことで話題になった、同じく業績が低迷しているIBM株ですが、やはりこちらも1月〜3月期から追加で保有を減らしていたようです。

また、アメリカン航空グループやデルタ航空、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスの航空株の保有も減らしました。

一方、不動産投資関連のストア・キャピタルを1862万株、金融のシンクロニー・ファイナンシャル株を1746万株取得しました。
またバンク・オブ・ニューヨーク・メロン株やゼネラル・モーターズ(GM)株は保有を増やしました。

さて本ブログの昨日の記事:「ポートフォリオにS&P500 ETFと共存させたいETFはあるか」にて、現状は「iシェアーズ S&P500 ETF」(IVV)と共存させたいETFはないと結論付けました。
20170811-12.png

そして、「IVV」はポートフォリオの40%程度を維持することとしています。
そうなると、IVVの比率が40%を超える場合には、何か個別銘柄に投資することとなります。

ここで再び問題となるのが、自分には自信を持って投資できる個別銘柄を十分に選定できていないということです。
このままでは、現在保有している個別銘柄を買い増していくということになります。

しかし、自分は現状の個別銘柄の保有状況にも若干の懸念をいだいています。
それは、5銘柄(VISAはまだ保有比率が低いので、事実上4銘柄)でポートフォリオの60%を占めているのは、1銘柄あたりの保有比率が高すぎるという懸念です。

現状、
「バークシャー・ハサウェイ」を約910万円
「ジョンソン&ジョンソン」を約640万円
「マクドナルド」を約600万円
保有しています。

「バークシャー・ハサウェイ」への投資額は1000万円の大台は超えたくないし、その他の個別銘柄も今後は1銘柄500万円までにとどめたいと考えています。
理由は当然ながら、資産の分散化です。
銘柄は選択できないが、投資機会を逃したくないということで、1個別銘柄あたりの投資金額が大きくなってしまいました。

したがって、多少妥協してでも、投資対象となる個別銘柄の選定が急務となりました。

そこで、まずは今後ウォッチしていく"投資対象候補"を選定したいと選びはじめましたが・・・
<<個別銘柄:投資対象>>
・ バークシャー・ハサウェイ(BRKB)
・ ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
・ マクドナルド(MCD)
・ マイクロソフト(MSFT)
・ VISA(V)

<<個別銘柄:投資対象候補>>
・ ユニリーバ(UL)
・ コルゲート・パルモリーブ(CL)
・ ホームデポ(HD)
・ ブラックロック(BLK)
・ フェイスブック(FB)
・ アマゾン(AMZN)

とにかく買ってもいいかなと思う銘柄をどんどん挙げようと思うのですが、どの銘柄も気になるところがあり、今は6銘柄しか選べませんでした。

このままの状況で、投資の機会がきた場合は、投資対象候補から消去法で選択した銘柄を1銘柄50万円程度までお試し投資するか、「IVV」の投資比率を50%程度まで引き上げることも必要かも知れません。

なんとか早めに、もう少し投資候補となる銘柄を選定したいと思います。

<<個別銘柄:気になる銘柄>>
・ ダナハー(DHR)
・ インテューイティブ・サージカル(ISRG)
・ スタンプス・ドットコム(STMP)
・ セールスフォース・ドットコム(CRM)
・ マリオット・インターナショナル(MAR)

個別銘柄を少額だけ投資するなら、いっそ気になる面白そうな銘柄に投資するのもありか?

このまま書き続けると、考えがエスカレートしていきそうなので、今日はここまでにしておきます。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/08/15)ダウ平均:21993.71、S&P500種:2465.84、日経平均:19537.10、ドル円:109.638

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 07:55 | Comment(0) | バークシャー・ハサウェイ(BRKB)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]