スポンサーリンク

2017年09月12日

いよいよ新製品発表会、アップルはiPhoneの将来を"AR"に賭けた

本日、新iPhone 発表!
20170901-33.png
本日9月12日に、アップルの新社屋アップルパーク内のスティーブ・ジョブズシアターにてアップルの新製品発表会が開催されます。
キーノートプレゼンテーションの開始は米国の現地時間で朝10時、日本時間では翌13日未明2時からの予定です。
恒例の招待状の文言は、「Let's meet ot our place.」でした。

iPhone も初代iPhoneが誕生してから今年で10年を迎えます。
そこで、10周年記念モデル「iPhone X」が発売されると噂されています。

しかしiPhoneも10年を迎えて、ますます安泰というわけではありません。
中国企業の躍進に加えて、買い替え需要は明らかに鈍化していて、成長力は落ちてきています。

アップルはiPhoneの未来をAR(拡張現実)に賭けた
20170901-32.png
そんななか、アップルは収益の柱であるiPhoneの未来を"拡張現実"に賭けたようです。

iPhoneの新機種は、デュアルカメラシステムと3Dセンサーを搭載して奥行きの検知能力を強化し、AR技術に対応するようになるようです。
また、今秋リリースする新基本ソフト「iOS 11」では新たなAR機能が提供されます。
そのほかにも、スマホ画面に映る現実世界に仮想イメージを追加するアプリがアップストアに大量に投入される見込みです。

スペシャルチームを結成
アップルはARを強力に推進する為に、ハードウェアやソフトウェア、さらには映画産業に至るまで、あらゆる分野から優秀な人材を集めてスペシャルチームを結成しています。
このスペシャルチームを率いるのは、デジタル音声圧縮技術のドルビーデジタルで知られるドルビーラボラトリーズ出身のマイク・ロックウェル氏です。
他にも、Oculus VR出身の技術者やMicrosoft HoloLensの開発に携わった技術者、ハリウッドでデジタルエフェクトを担当する技術者などが含まれています。
また、Apple Watchの設計チームを率いたフレッチャー・ロスコフ氏も加わっていて、アップルの本気度が分かります。

ティム・クックCEOも積極的に発言
ティム・クック氏は何度も、ARについて積極的に発言しています。
2016年:
「ARの普及にはまだしばらく時間がかかる。いくつか非常に大きな技術的課題が残っているからだ。しかし、必ず普及する。それも大規模な形で。そうなった時、もはやARのない生活など考えられなくなるだろう。ちょうど今、スマートフォンのない生活が考えられないように」
2017年6月:
「ARにワクワクしている。大声で叫びたいくらいだ」
2017年8月:
「後から振り返って、その始まりに感じ入るような、ものすごいことの一つになるだろう」

自信のほどが伝わってきますね。

AR関連製品の市場規模は2024年までに80%増の1650億ドル(約18兆5000億円)になると予想されています。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/09/12)ダウ平均:22057.37、S&P500種:2488.11、日経平均:19776.62、ドル円:109.679

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | アップル(AAPL)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。