スポンサーリンク

2017年10月09日

他の方々の米国株ブログを読んで最近思うこと

他の方々の米国株ブログを読んで思うこと
20171004-13.png
まず、米国株ブログといえば「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」はさけて通れませんね。
いつも読ませてもらっています。
考え方がしっかりとしていて、知識も豊富で、とても勉強になります。
ほとんど感心する部分ばかりですが、そこは氏のブログを読んで頂ければいい訳で、ここではあえて、数少ない賛同できない部分について書きたいと思います。

それは何かというと、やはり「個別株均等投資」という部分ですね。
個別株均等投資は、その都度、保有比率最低銘柄を買い増すことで、各銘柄の保有比率が均等になるように調整する投資法です。
必然的に株価が低迷している銘柄を購入することになりますので、高値づかみすることなく、割安に購入することにつながる利点があります。

しかし、それは、その銘柄が一時的に低迷しているだけで将来的に上昇するならば、という前提付きです。
そもそも長期的に低迷を続けている銘柄では、その低迷を続ける銘柄ばかりを購入して、好調で将来的にも期待できる銘柄はなかなか買い増せないという事態に陥ります。

バフェット太郎氏の場合も、「IBM」や「エクソン・モービル」、「ベライゾン」、「コカ・コーラ」などの買い増し記事はよく目にしますが、好調な「マクドナルド」や「ジョンソン&ジョンソン」を買い増したという記事には、なかなかお目にかかれません。
そのようにいうと、企業の将来などだれにも分からないといわれそうですが、それは思考放棄にも思われ、だれにも未来は分からないながらも、経済状況等からある程度の方向性は見通せると思います。

勝手に邪推させてもらうならば、バフェット太郎氏は、その弊害は当然考慮して、しかしあえて投資手法の「分かり易さ」と「インパクト」を重視して、この投資手法をとっており、その効果もあって、現在の絶大な支持を得ているように思います。

まだ投資資金が少ない若い投資家さんが、バフェット太郎氏の投資手法をまねる場合には、盲目的にまねるのではなく、保有企業の将来性によって保有比率を調整するなど、自分なりに考えてアレンジすることも大事だと思います。

若いブロガーさんの投資に思うこと
一部の若いブロガーさんの投資を見て思うことは、バブル世代とバブル以降世代の世相を反映しているのか、投資規模がまだ小さいにもかかわらず高配当でディフェンシブな銘柄に堅実に投資している方が多いように感じます。
それはそれで、何歳くらいでいくらくらいの資産を形成したいから、その為の投資として、高配当ディフェンシブ銘柄に毎月いくらずつ投資していけば十分に到達するからと、その投資を選択しているのであれば問題ないと思います。
しかし、毎月いくらなら投資に回せると目論んでいても、結婚して子供が生まれれば、とたんに投資の余裕がなくなり教育費に投資資金が消えていきます。

早くしてある程度の資産規模を築くことが、将来の資産形成において大きな違いとなってあらわれます。
自分のように、かなりリスクを取って投資してきても、50才近くになってやっとリタイアが視野に入ってきたというのが現状です。

個人的には個別株であるならば、若い頃はポートフォリオの25%〜40%くらいは、グロース株で積極的にリスクを取る投資をしてもよいように思います。

全般的に、若いのに本当にしっかりとした内容の記事を書かれていて、逆に勉強させられますが、なかには投資されている内容を見ると、あれ?記事の内容とはかけ離れた投資をされているのはなぜ? という方も散見されて気になりますね。

米国個別株はやはりすばらしい
米国株ETFにはある程度投資をしてきましたが、米国個別株へは昨年末から投資をはじめました。
そこで感じることは、米国個別株投資のすばらしさです。

何より、他の市場の影響を受けないし、企業業績と景気状況(金融政策・経済政策)がそのままダイレクトに株価に反映されます。
また、今年は特別だと思いますが、ボラティリティ(価格変動率)が圧倒的に小さいことも日本株との大きな違いです。

ですので、企業業績や景気状況を見て、投資した銘柄が、狙い通りの値動きをしてくれます。
もっとはやく米国個別株に投資していれば、と思わずにはおれません。

将来どこまで上昇するかかなり懸念される日本株に逆張り投資するよりはまだ、米国グロース株に投資する方が、よほどローリスク・ハイリターンのように思います。

どの市場でも、将来が見通せないことには違いはありませんが、少なくとも米国市場は、世界の有数の先行きが見通せる市場であると実感していますし、それは、やはり米国経済の力強さと健全さからくるものですね。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/10/09)ダウ平均:22773.67、S&P500種:2549.33、日経平均:20690.71、ドル円:112.545

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 07:00 | Comment(3) | 雑記
この記事へのコメント
いつも読ませて頂き有り難うございます。
参考になること賛同する記事が多いです。

下記は難聴者で文章が下手で申し訳ないのですが、ご了承ください。

パフエット太郎氏の異論の部分について

難聴者の自分にとっては
パフエット太郎さんのシンプルさで同じ要点を毎回繰り返すのでわかりやすいです。

グロース株は当たった時は良いけど、
そうじゃないように思います。
10月号経済雑誌にパフエット太郎氏のグロース株について載っていて嫌だなぁと思いました。

パフエット太郎さんのいう
米国株投資対象を10社に絞ったことで
10社をずっと追いかけたら佳いだけで煩わしいと思いません。

個別株ではありますが、
インデックスファンド10個?と考えて検討しています。
インデックスファンドを二年経験したおかげで
マイナスになっても我慢できます。

私は障害者雇用での勤務では定年後生活できないことを考えたら、
パフエット太郎氏のは大変わかりやすく実行しやすいです。

金額は50万とかはできないのですが、2023年NISAまでチャンスなので頑張ります。
初めてメールするのにえらそうなことを申し上げ申し訳ないです。

自民党一択のブログは同意です。
余りにもマスコミや野党は日本を破壊している感じです。


Posted by JIJI at 2017年10月13日 18:51
JIJIさん、コメントありがとうございます。

バフェット太郎氏の功績は、シンプルで分かり易く、誰でもマネできる投資法で、株式市場に参加し続けることの重要性を広めていることですね。
このことに比べるならば、自分の指摘事項など、些細なことだといえると思います。
自分の考えとしては、何事もバランスが大切だと思っています。
グロース株も高配当株もかたより過ぎないのがよいのかなと考えています。
そういう点では、インデックスファンドは個別株より圧倒的にバランスが取れているので、よい選択だと思います。

一番重要なのは、無理しすぎない程度に、市場に参加し続けること、これが出来れば結果はおのずと付いてくると思います。

これからもよろしくお願いします。
Posted by どにゃるど.com at 2017年10月13日 19:41
どにゃるど.comさん、
お返事有り難うございます。

ちょっと安心したのと心配してくださっていることも理解できました。

一発退場にならないようバランスを配慮します。

将来のこと高額な医療器具(補聴器)のことに対して対策取れたので

毎日、目の前にある仕事を安心して取り組んでいます。今は大変でも心強いです。

これからも
どにゃるど.comさんの記事も毎日楽しんで読みます。有り難うございます。

Posted by JIJI at 2017年10月14日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]