スポンサーリンク

2017年10月13日

FANGのなかでは格下のネットフリックスが絶好調!

金融各社の決算発表はじまる
いよいよ金融各社の決算発表がはじまりました。
まずは、JPモルガンとシティ・グループの決算でしたが、いずれも予想を上回りしました。
トレーニング部門の引当金が嫌気されて、株価は下落しましたが、一時的な動きだと思います。
内容としては、問題なく好決算でしたので、まずは一安心です。

ネットフリックスが強気の値上げへ
20171004-28.png

ネットフリックスが10月5日に、スタンダードプランの料金を10%、プレミアムプランの料金を17%引き上げると発表しました。
月あたりスタンダードプランで1ドル、プレミアムプランで2ドルの値上げになります。

これに対して、株価は大きく上昇という反応を示しました。

20171004-29.png

スタンダードプランとプレミアムプランでは高画質の動画を複数の端末で同時に視聴できます。
1つの端末でしか視聴できないベーシックプランは月額8ドルに据え置かれます。

ネットフリックスは値上げによる契約者離れを食い止めるために、値上げ通知の約1週間後に、大ヒットした人気SFドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシリーズ2の配信を始めます。

株価の上昇に見られるように、投資家は、値上げによる契約者離れは起きないと踏んでいるようです。

今回の値上げによりネットフリックスの国内動画配信収入は、現在の市場予想を10%上回る約6億5000万ドル増加すると見られています。

ネットフリックスは株価絶好調
20171004-30.png

FANGと呼ばれ、アマゾンやグーグル・フェイスブックとひとくくりにされていますが、時価総額は825億ドル(約9兆3000億円)と他の銘柄の2割足らずで、明らかに格下です。

しかし、目下の株価は、アマゾンとアルファベットが低迷し、フェイスブックもロシアによる不正広告問題で議会の追及を受けて伸び悩むなか、一人絶好調です。

アナリストの予想では、ネットフリックスの豊富なコンテンツや国外市場での浸透などが事業の成長を一段と後押ししていて、株価には上振れ余地がある、として目標株価を190ドルから225ドルに引き上げ、先行きに関して楽観的な見方を示しています。

チャートを見ると、8月からそろって伸び悩んでいた株価ですが、いち早くネットフリックスが抜け出し、今回の値上げによる利益押し上げ期待により急上昇しています。

しかし他の3社とも、なにか企業業績に支障が出ているわけではありませんし、株価も、米国株価全体の上昇傾向を受けて、先月末から上昇してきていますので、決算発表次第でまた勢いを取り戻しそうですね。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/10/13)ダウ平均:22841.01、S&P500種:2550.93、日経平均:21155.18、ドル円:112.110

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | その他の銘柄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。