スポンサーリンク

2017年11月18日

理想のポートフォリオが完成したか?〜株式運用状況(2017年11月)〜

バークシャーの保有銘柄状況は特に記事にする所なし
20171021-93.png

バークシャーの保有銘柄状況が公開されましたが、特に語るべきことは何もなかったですね。
IBM株を売却して、アップル株の買い増しは想定通りの動き。
また、バンク・オブ・アメリカ株に関しては、本ブログでも7月16日に記事にしていますが、優先株を普通株に転換して筆頭株主になることは6月30日の発表通り。

相場が本格的に下落に転じるまでは、大きな動きはないように思います。

2017年11月17日時点の株式運用状況:
20171021-95.png

2016年11月末からの米国株運用開始から約1年が経過した株式運用状況です。

株式評価額は、5034万2982円
ドルベースでは、44万2811ドル

前回確認の10月14日からの増減は、+93万2628円 と増加しました。
ドルベースでも、+5996ドル 増加しました。

「バークシャー・ハサウェイ」以外が軒並み好決算で、株価が上昇しました。
現在の調整でかなりの上昇分を吐き出してしまいましたが、それでもまだまだプラスを維持しています。

保有株の値動きによる損益(含み益)は、
+612万1550円 (前回の10月14日から +68万3200円)

為替レートを考慮に入れて計算すると、
米国株に投資するためにドル転した平均為替変換レートは、この1ヶ月はドル転していませんので 1ドル ⇔ 112.10円 のままです。

よって、1ドル ⇔ 112.10円 で株を購入して、現在の為替レートで損益を計算すると、
+629万4604円 (前回の10月14日から +93万2628円)

この金額が約1年間での、投資元本と変換為替レートを考慮した円換算でのホントの損益額で、この金額に今年の利益確定済分+152万円を加えて、
この1年間の株式投資での損益額は、+781万円 となりました。

ポートフォリオが想定通りのリターンを
20171021-94.png

上記は、11月6日時点の保有株の損益です。

みなさんもそうだと思いますが、ポートフォリオを構築し、投資する際には、その投資先がこの先、どの程度のリターンを上げるか、また最悪どの程度の下落リスクがあるのかを想定して、投資規模を決定するかと思います。

今年の米国株ポートフォリオの構築では、「iシェアーズ S&P500 ETF」「マクドナルド」「ジョンソン&ジョンソン」「バークシャー・ハサウェイ」「マイクロソフト」の各銘柄が今年度末時点で、おのおのがほぼ均等に100万円程度の利益を上げることを想定して保有比率を設定しました。

現在こそ調整で下げましたが、11月6日の時点で、マクドナルドがとりわけ好調で頭一つ抜けている以外、その他の4銘柄はほぼ想定通りの結果となりました。

「iシェアーズ S&P500 ETF」・・・ +105万円
「マクドナルド」・・・ +189万円
「ジョンソン&ジョンソン」・・・ +128万円
「バークシャー・ハサウェイ」・・・ +104万円
「マイクロソフト」・・・ +99万円

リターンがリスクの裏返しだと考えると、なにか一つの突出して好調な銘柄が、その他の落ち込みをカバーするのではなく、どの銘柄も均等にリターンを上げていることは、リスクも均等に分散出来ているのかなと思っています。

そして「VISA」と「アリババ」に関しては、グロース株ですので少しリスクを重く見て、本年度末の時点で2銘柄合わせて+75万円のリターンを想定していますがはたしてどうなるか、期待して見守りたいと思います。

  気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/11/18)ダウ平均:23358.10、S&P500種:2578.84、日経平均:22396.80、ドル円:112.111

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運用状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック