2017年12月03日

ホントに税制改革法案が可決、さあ どうする?

上院が税制改革法案を可決!
20171118-49.png

上院(定数100)が2日に、法人税減税を柱とする税制改革法案を賛成51、反対49で可決しました。
ぎりぎりでの可決でしたが、共和党で反対したのはツイッターでトランプさんとののしり合いをしていたコーカー議員だけでした。

焦点の法人税率は、35%から20%へと大幅に引き下げられますが、下院案は来年から下げるのに対し、上院案は2019年からとズレがありますので、今後は両院協議会で調整となります。
調整が難航や長期化する恐れもあるとのことですが、さすがにここまでくれば法案成立は時間の問題だと思います。

トランプ大統領は年内の税制改革法案への署名を約束していますが、どうなりますか。

今後の株価の動きは
現在は、税制改革への期待で、今まで十分利益ののったハイテク株を利益確定し、恩恵を受けそうな金融株や割安株へ乗り換えの動きが見られます。

金融株は、業績も大きな問題はないですし、まだまだ割安感がありますので、今度こそ恩恵を受けそうです。

資本財株は、これまでに十分株価が上昇していますので、上値余地は限られているように思います。

そして現在調整中のハイテク株ですが、全く心配はしていなくて、調整が一巡すればまた買いが戻ってくると思います。

法案成立間近でどうする?
さて、待ちに待たされた約30年ぶりの抜本的な税制改革法案が成立間近です。
無事成立すれば、景気や企業業績のさらなる改善、投資家のリスクオンが期待できます。

自分の予想では、法案成立は来年3月くらいかなと考えていて、ポートフォリオもそのつもりで10月・11月に修正してしまいました。

まあ、全く想定していなかったわけではないですが、でも、こんなに早く成立するよと言われても、すぐには動きがとれません、というのが正直な所です。

いままでの政権と議会のダメダメぶりに、今回は、完全に油断していました。
反省しつつ、ちょっと考えます。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/12/03)ダウ平均:24231.59、S&P500種:2639.16、日経平均:22819.03、ドル円:112.129
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック