スポンサーリンク

2017年12月09日

セクターローテーションでどうなっちゃった?〜株式運用状況(2017年12月)〜

英国とEUが離脱条件で合意
20171118-63.png

英国とEUが8日、EU離脱(ブレグジット)の離脱条件で大筋合意しました。
EUが14〜15日に首脳会議を開いて離脱条件を承認すれば、通商協定や離脱後の移行期間に関する協議が数週間以内に始まりそうだということです。

2017年12月9日時点の株式運用状況:
2016年11月末からの米国株運用開始から約1年1ヶ月が経過した株式運用状況です。

20171118-64.png

株式評価額は、5230万4188円
ドルベースでは、45万6303ドル

前回確認の11月17日からの増減は、+196万1206円 と増加しました。
ドルベースでも、+1万3492ドル 増加しました。

セクターローテーションによって「アリババ」や「マイクロソフト」のハイテク株が下落しましたが、「バークシャー・ハサウェイ」「マクドナルド」などの株価が上昇し、ハイテク株の下落を帳消しにしました。
「S&P500 ETF」も堅調。
やはり、こういう時にETF、セクター分散のありがたさを感じますね。

保有株の値動きによる損益(含み益)は、
+719万4011円 (前回の11月17日から +107万2461円)

為替レートを考慮に入れて計算すると、
米国株に投資するためにドル転した平均為替変換レートは、この1ヶ月はドル転していませんので 1ドル ⇔ 112.10円 のままです。

よって、1ドル ⇔ 112.10円 で株を購入して、現在の為替レートで損益を計算すると、
+773万9613円 (前回の11月17日から +144万5009円)

この金額が1年1ヶ月間での、投資元本と変換為替レートを考慮した円換算でのホントの損益額で、この金額に今年の利益確定済分+182万円を加えて、
この1年間の株式投資での損益額は、おおよそ+956万円 となりました。

保有銘柄の株価状況は
ここ3ヶ月の保有銘柄の値動き:
20171118-62.png

「アリババ」が利益を吐き出し、大きく下落しました。
一方、「バークシャー・ハサウェイ」が金融株の上昇と共に、急上昇しました。
「マイクロソフト」などは、セクターローテーションの一時的な下落も、これまでの上昇分からみれば大した調整ではありませんでした。

本日の保有ハイテク株は、
「マイクロソフト」 +2.02%
「アリババ」 +1.81%
「アルファベット」 +0.46%
「VISA」 +1.08%
と、しっかり。

早くもセクターローテーションが終了し、すっかり勢いを取り戻しましたね。

  気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/12/09)ダウ平均:24329.16、S&P500種:2651.50、日経平均:22811.08、ドル円:113.477

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運用状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック