スポンサーリンク

2018年02月16日

アルファベット 2017年Q4(10-12月期)の決算確認、やっぱりアマゾンに乗り替えるべきか

バフェットさんが「IBM」をほとんど売却しましたが、既定の動きですね。
仮に売却していなかったとしたら、そちらの方が驚きです。

IBMは高配当銘柄としては、まだまだ健在ですが、ハイテク企業としてはやはり厳しいと思います。

保有銘柄GOOGLの決算結果を確認
20180111-11.png

株価急落があり、保有銘柄で「アルファベット」だけ、まだ決算確認を本ブログで記録していなかったので、やります。
2018年2月1日に発表された保有銘柄「アルファベット」の決算内容を確認します。

「アルファベット」(GOOGL)・・・結果:△
201802-07.png

売上高:
Q1  247億5000万ドル(+22.2%)    2017/4/28
Q2  260億1000万ドル(+21.0%)    2017/7/25
Q3  277億7200万ドル(+23.7%)    2017/10/27
Q4  323億2300万ドル(+24.0%)    2018/2/1(今回)

EPS:  
Q1  7.73ドル(予想より+0.35$) 
Q2  5.01ドル(予想より+0.58$)
Q3  9.57ドル(予想より+1.17$)
Q4  9.70ドル(予想より- 0.37$)

純利益:
Q1  65億6800万ドル(+23.0%)
Q2  41億3200万ドル(- 30.8%)
Q3  67億3200万ドル(+33.0%)
Q4  68億3700万ドル(+28.2%) GAAPベース: -30億2000万ドル 

売上高は、24%増の323億2300万ドルと、アナリスト予想の318億7000万ドルを上回りました。

各事業別の収益は
201802-10.png

「モバイル検索・デスクトップ検索・ハードウェア」事業の売上高は23.7%増の319億1400万ドルと好調でした。
そのうち、「広告収入」は21.6%増の272億2700万ドルでした。

Google PlayやGoogle Home、Google Cloudなどの「Googleのその他収入」は37.7%増の4億6870万ドルと成長が加速しました。

「Google以外」の事業は、ホームオートメーションデバイスの「Nest」、高速ブロードバンド接続サービスの「Fiber」、自動運転の「Waymo」が好調で、売上高は56.1%増の4億0900万ドルになりました。
しかし収益は、いまだ9億1600万ドルの赤字です。

こう見てみると、「マイクロソフト」とはずいぶん違うことが分かります。
アルファベット全体の売り上げの内、98.7%をGoogle本体が売り上げています。
もっと言えば、アルファベット全体の売り上げの内、84.2%がGoogleの広告収入からの売り上げになっています。

悪く言えば、いまだGoogleの広告収入のみに頼り切り。
よく言えば、広告収入で圧倒的な売上げをたたき出し、いまだに20%をこえる勢いで成長しています。

注目の広告コストは
201802-23.png

注目の広告コストですが、トラフィック獲得費用(TAC)は33%増の64億5000万ドルと増加しました。
広告収入4億8280万ドルの伸びも、トラフィック獲得費用が1億6020万ドル増加して、利益が圧迫されてますね。

201802-08.png

Aggregate paid clicks(有料のクリック数合計)は、18%増加しました。
しかし、Aggregate cost-per-click(クリック単価)は、前年の-18%よりは改善していますが、いまだ -6% とマイナスでした。

税制改革の影響は
アルファベットも、税制改革に伴う費用99億ドルを計上した為、GAAPベースの純損益は30億2000万ドルの赤字となりました。

今後の投資方針、アマゾンに乗り替える?
201802-45.png

「アマゾン」、すごいです!
将来的には分かりませんが、急にこのアマゾンの勢いが衰えるとは思えません。

一方の「アルファベット」は、すぐにデジタル広告以外の事業が進展するとも思えないので、まずは広告コストの上げ止まり待ちかと思います。

このように比べると、少なくとも今年もアマゾンには勝てる気がしません。
アマゾンに乗り換えた方がリターンを得られそうです。

201802-46.png

では乗り換えるかということですが、実は本ブログでも記していますが、昨年6月にアマゾンに投資して、1ヶ月ほどで「VISA」に乗り換えています。
これは当然、アマゾンの成長力に不安を感じたからではありません。

自分は結構ビビりなので、あまりリスクをとると落ち着きません。
アマゾンには、圧倒的な成長戦略に魅力を感じて投資したのですが、いざ投資してみると、分かってはいても、利益を出さない戦略に200をこえるPERが、どうにも落ち着かずリスクに感じて仕方ありませんでした。
アマゾンに関してはそうじゃないと頭では分かっていても、感情が拒否するのでどうしようもありません。

という訳で、自分の理解のレベルをこえているアマゾンには残念ながら投資できず、うらやましげに見守りながら「アルファベット」への投資を続けようと思います。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/02/16)ダウ平均:25200.37、S&P500種:2731.20、日経平均:21464.98、ドル円:106.046

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算発表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック