スポンサーリンク

2018年02月25日

純利益がなんと5倍に! バークシャー 2017年Q4の決算をどこよりも詳しく

昨夜22時に、保有銘柄「バークシャー・ハサウェイ」(BRKB)の決算が発表されました。
早速詳しく確認してみたいと思います。

保有銘柄BRKBの決算結果を確認
20171021-40.png

<売上高>
20180237.png

「Total revenues
売上高
Q1       651億8700万ドル   (+25.0%)     2017/5/5
Q2       575億1800万ドル   (+  6.0%)     2017/8/4
Q3       605億2500万ドル   (+28.6%)     2017/11/3
Q4       589億0700万ドル (+  1.0%) 2018/2/24 (今回)
Year  2421億3700万ドル (+  8.3%) 2018/2/24 (今回)

売上高は、年間で 2421億3700万ドルで 8.3%の増加です。

<純利益>
20180239.png

Net earnings attributable to Berkshire Hathaway shareholders」
純利益
Q1       40億6000万ドル   (-   27.4%)
Q2       42億6200万ドル (-   14.8%)
Q3       40億6700万ドル (-   43.5%)
Q4     325億5100万ドル (+517.8%) 指差し確認左 注目ポイント
Year  449億4000万ドル (+186.7%) 指差し確認左 注目ポイント

純利益は、Q4で325億5100万ドルと517.8% の増加、年間でも449億4000万ドルで186.7% 増となっています。
ここが、まさにトランプ減税の効果です。

各部門ごとに細かく見ていきます。

「Insurance - underwriting」
GEICOやジェネラル・リーなどの保険部門の保険引き受け
Q1       -2億6700万ドル  (-225.4%)
Q2            -2200万ドル  (-106.5%) 
Q3      -14億3900万ドル  (-629.0%) 
Q4       -4億9100万ドル (-189.6%) 
Year  -22億1900万ドル (-262.0%) 指差し確認左 注目ポイント

保険引き受け額は、-4億9100万ドルと赤字、年間でも -22億1900万ドルと大幅赤字でした。
昨年は、ハリケーンの影響をもろに受けた特殊要因なので、通常であれば特に問題ないと思いますが、温暖化による異常気象が今後も大きなリスク要因となります。

「Insurance - investment income」
保険部門の投資収入
Q1       9億0800万ドル   (-  1.2%) 
Q2       9億6500万ドル   (-  1.3%) 
Q3     10億4400万ドル   (+22.8%) 
Q4     10億0000万ドル (+12.5%) 
Year  39億1700万ドル (+  7.7%) 指差し確認左 注目ポイント

保険部門の投資収入は、年間で39億1700万ドルと 7.7%増加して、保険引き受けの赤字分-22億ドルを補っています。

「Railroad」
バーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道の鉄道部門
Q1       8億3800万ドル   (+  6.9%)
Q2       9億5800万ドル   (+24.1%) 
Q3     10億4200万ドル   (+  2.2%) 
Q4     11億2100万ドル (+12.9%)
Year  39億5900万ドル (+10.9%)

今回も11億2100万ドルで、12.9%増と、着実に利益を伸ばしています。

「Utilities and energy」
バークシャー・ハサウェイ・エナジーを主力とする公益・エネルギー部門
Q1       5億0100万ドル  (+13.6%)
Q2       5億1600万ドル  (+  7.1%) 
Q3       9億6300万ドル  (+  3.3%) 
Q4       1億0300万ドル (-76.2%) 
Year  20億8300万ドル (-  8.9%)

Q3まで堅調に利益をあげていましたが、Q4で1億300万ドルと 76.2%の大幅マイナス、年間でも20億8300万ドルと 8.9% のマイナスです。

「Manufacturing,service and retailing」
プレシジョン・キャストパーツやシーズキャンディーをはじめとする製造・サービス・小売部門
Q1     13億1700万ドル  (+  4.0%)
Q2     16億6200万ドル  (+11.3%) 
Q3     16億9400万ドル  (-   0.5%) 
Q4     15億3500万ドル (+31.2%) 
Year  62億0800万ドル (+10.2%)

15億3500万ドルと、31.2%の大幅増で、年間でも10.2% 利益が伸びています。

「Finance and financial products」
クレイトン・ホームズをはじめとする金融および金融商品部門
Q1       3億0300万ドル  (-  2.6%)
Q2       3億3200万ドル  (-16.2%) 
Q3       3億4100万ドル  (+ 1.2%) 
Q4       3億5900万ドル (- 6.3%) 
Year  13億3500万ドル (- 6.4%)

こちらは 6.4% の減少です。

「Investment and derivative gains/losses」
投資収益
Q1       5億0400万ドル  (-72.8%)
Q2       1億4300万ドル  (-63.7%) 
Q3       6億2300万ドル  (-73.5%) 
Q4       1億0700万ドル (-94.4%) 
Year  13億7700万ドル (-78.8%)

ここがバフェットさんの投資による収益で、13億7700万ドルと昨年比 -78.8% と大きく減少していて、売却や償還、交換での利益確定をあまりおこなっていないことが分かります。
ここでも新税制上、損失分の確定を進めて、利益の確定は先延ばしにしたほうが有利との影響が出ていると思います。

<保有資産>
20180236.png

Cash and cash equivalents + Short-term investments in U.S. Treasury Bills
現金、現金同等物 + 短期合衆国財務省債券
Q1     794億1400万ドル  (+12.0%) 
Q2     861億5000万ドル  (+21.5%) 
Q3     965億9900万ドル  (+36.2%) 
Q4  1039億7500万ドル (+46.6%) 指差し確認左 注目ポイント

この「現金、現金同等物」と「Tビル」の値を見ると、バークシャーのキャッシュポジションが分かります。
バフェットさんは、好況時には投資を控えて、金融危機や不況時に暴落した優良株をひろいにいく傾向にあるので、キャッシュポジションをみるとバフェットさんが現在の景気をどう見ているのかが見えてきます。
今回も1039億7500万ドルの+46.6%と、キャッシュを積み上げています。

「Investments in equity securities」
株式投資
Q1   1333億9300万ドル  (+10.7%) 
Q2   1353億5500万ドル  (+12.4%) 
Q3   1516億3900万ドル  (+25.9%) 
Q4  1640億2600万ドル (+21.6%)

ここが投資している株式規模で、1640億2600万ドルと、+21.6% 増加しています。
キャッシュをあれだけ積み上げていて、なおかつ 21.6% 株式も増やしています。


以上のような決算となりました。
※ 専門的な財務知識のない素人なので、何か間違いがあればご指摘頂けると助かります。

心配した保険部門が、ハリケーンの影響を投資収入で補い、保険部門トータルでプラスにしているのは好感がもてます。
一方、主力のエネルギー部門がマイナスでしたが、全体的に見れば、ハリケーンの影響さえなければ、堅く利益を伸ばしている印象です。

と言うかそれよりも今回は、トランプ減税効果により純利益が5倍以上に増加したことが全てですね。
年間でも純利益+186.7%の増加と、Q1〜Q3までの減少を吹っ飛ばしています。

この効果に期待して、「バークシャー」の保有比率を20%近くまで高めてきましたが、どの程度株価に織り込まれているのか、今後の株価がどのように反応するのか、さっぱりわかりません。

昨年の12月26日の「税制改革の成立でバフェット氏が含み損銘柄を切り捨てる」で記事にしていますが、繰り延べ税金負債の減少で270億ドルほどの資産増と見込まれていたのが、実際には296億ドル(3兆1600億円)だったので悪くは出ないと思うのですが。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/02/25)ダウ平均:25309.99、S&P500種:2747.30、日経平均:21892.78、ドル円:106.796

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算発表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック