スポンサーリンク

2018年02月28日

株価はどこまで? このグラフを見てどう思いますか?

今日は長期金利上昇が嫌気されての下落ですか。

ダウ30種は -1.16%、S&P500は -1.27%
それに対して、どにゃるどポートフォリオは -1.06%

「バークシャー・ハサウェイ」が -0.27%と下げ渋りました。

先日のロイターに気になるグラフがのっていました。

S&P500の株価と10年国債利回り、インフレ率、GDPの推移です。

111111.png

ちなみにですが、本グラフをロイターで見かけて、おっ!と思い、グラフだけ保存しましたが、記事の方は読んでいないので、以下に書くことは、ロイターの記事とは全く反対のことを言っているかも知れません。

まず、上のグラフを見て、どう思いますか?

S&P500の株価の上昇率や上昇期間を見て、いつ下落に転じてもおかしくないと思われる方も多いのではと思います。

しかし自分は、やっぱり単に大きく上昇したというだけでは下落に転じないんだなぁ、という感想でした。

株価が上昇しすぎたという理由で下落に転じるのであれば、ここまで上昇する前に下落に転じていてもおかしくない。
それがここまで上昇したということは、やはり単に高値ということだけでは、ピークアウトしない。
上値が抑えられ、伸び悩みや調整は大いにありえると思いますが。

ピークアウトするには、他の要因が必要ということだと思います。
その要因とは、地政学的リスクや政治状況も考えられますが、やはり本命は金利です。

その金利はというと、上昇してきたとは言え、まだまだ 3%以下、全然あたふたするレベルではありません。
とは言え、かつてのように5〜6%も行くかと言われれば・・・

自分は、ざっくりと

米国国債10年利回り: 3% ・・・青信号点滅
⇒ そろそろ、ボラティリティでてくるよ〜

米国国債10年利回り: 3.5% ・・・黄色信号
⇒ 徐々に債券に移行を始めようか

米国国債10年利回り: 4.0% ・・・黄色信号点滅
⇒ もうここまでくると株価はかなり厳しいかもよ〜

米国国債10年利回り: 4.5% ・・・赤信号
⇒ いつピークアウトしてもおかしくない、ひょっとしたら、もうピークアウトしてるかも?

こんな感じかなと予想してます。
個人的なざっくり予想で、10年利回りがどこまで上がるかは正直さっぱり分かりません。
そして、当然インフレ率に反応があるかも要確認です。

米国国債10年利回りが3.5〜4.0%の間あたりで、ポートフォリオの不況入りの準備をしようかと思っていますが、どうなりますか。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/02/28)ダウ平均:25410.03、S&P500種:2744.28、日経平均:22389.86、ドル円:107.350

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
長期金利をリセッションの目安にされるのですね。自分は、逆イールドです。
今年後半には、アメリカ株のほとんど売り払うことになりもそうです。
Posted by アマゾン太郎 at 2018年03月08日 01:18
アマゾン太郎さん、コメントありがとうございます。
>
>長期金利をリセッションの目安にされるのですね。自分は逆イールドです。

リセッションへの対応として「長期債券ETF」に切り替えるつもりなので、その購入時期として、長期金利を目安にしています。
リセッションの目安としては逆イールドにも注意ですね。

>今年後半には、アメリカ株のほとんど売り払うことになりそうです。

自分は来年春まで何とかねばれないか、と思っていますが、いずれにしても、アマゾン太郎さんがおっしゃるような売り時期が近いということには同感です。
Posted by どにゃるど.com at 2018年03月08日 05:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック