スポンサーリンク

2018年06月24日

続・ピークアウト戦略〜きたる景気後退に株価はどのくらい下落するか

週末の下落は厳しい〜

「アマゾン」(AMZN) ・・・ -2.0%
「エヌビディア」(NVDA) ・・・ -4.3%
「マスターカード」(MA) ・・・ 0.0%
「マイクロソフト」(MSFT) ・・・ -1.4%
「ネットフリックス」(NFLX) ・・・ -1.4%
「スクエア」(SQ) ・・・ -2.7%

木・金の2日間で 149万円が吹き飛びました(>A<)
とりわけエヌビディアの下落が響きました。

ピークアウト戦略続き
先日の記事:「ひょっとして株価ピーク打っちゃってません? 急遽ピークアウト戦略を検討」にて株式市場ピークアウト時の対応を検討しはじめました。

シナリオとしては、
・ 今年(2018年)の1月または年末が株価のピーク
・ 来年(2019年)6月の利上げでFRBは利上げ打ち止め
・ 来年(2019年)年末にも景気後退入り

株価への影響は?
20180722.png

さてその際の、株価への影響はどの程度なのでしょうか?

このままいけば、きたる景気後退は「〇△危機」ではなく、景気の引き締めからくる後退局面になりそうです。
さらには、IoTとAIによる「第四次産業革命」に向かっていて、世界的にもそれほど景気が悪くないと思われるので、案外下落の影響は軽いかも知れません。

1950年までさかのぼってみると、景気の後退局面は10回発生しています。
また、景気後退にはならなかったがS&P500指数の30%以上の下落が2回(1987年と2002年)発生しています。

20180723.png

その計12回のS&P500指数の下落率は、直近の高値から平均31.2%
最大下落率は、49.9%(1973〜74年)
最小下落率は、14.0%(1959〜60年)

今回の注目要因としては、
・ 株価の上昇局面が過去と比べて最長レベル
・ 異例の金融緩和によって、かなり株価が押し上げられている可能性がある
・ FRBのバランスシートの状況によっては、景気後退局面での対応に支障がでる可能性がある
以上の理由から、反動で下落幅が大きくなる可能性もあります。

そこで、S&P500指数で30〜35%の下落を想定します。
1月の最高値が2872.87だったのでそこからとすると、1867〜2011にまで下落することになります。

ちなみに今年1月の急落ではS&P500が、1月26日の高値:2872.87 ⇒ 2月8日の安値:2581 まで10.2% 下落しています。
この際の保有銘柄の下落率は、
「アマゾン」(AMZN) ・・・ -7.7%
「エヌビディア」(NVDA) ・・・ -13.4%
「マスターカード」(MA) ・・・ -7.1%
「マイクロソフト」(MSFT) ・・・ -10.5%
「ネットフリックス」(NFLX) ・・・ -12.1%
「スクエア」(SQ) ・・・ -15.8%

つまりは、この3倍近い下落ということになりますので単純に3倍してみると、
「アマゾン」(AMZN) ・・・ -23.1%
「エヌビディア」(NVDA) ・・・ -40.2%
「マスターカード」(MA) ・・・ -21.3%
「マイクロソフト」(MSFT) ・・・ -31.5%
「ネットフリックス」(NFLX) ・・・ -36.3%
「スクエア」(SQ) ・・・ -47.4%
※言うまでもないですが、利上げ局面での下落と、景気後退局面での下落では大きく変わってくる可能性があります。

この程度を想定しておけば、大きな誤算はないかと思います。

「アマゾン」と「マスターカード」の下落耐性が際立っているので、この2銘柄はガチホでも良いかも知れません。
一方、「エヌビディア」は下落耐性が弱いので、全売却しての全力買戻しも検討します。
「マイクロソフト」はかなり利益がのっているので保有するか。

20180724.png

昨日からちょっと変わり、とりあえずこんな感じですが、あとは今後の状況を見つつ考えます。

最後に、言うまでもないことですが、きたる下落はピンチではなく「絶好の買い場」となります。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/06/24)ダウ平均:24580.89、S&P500種:2754.88、日経平均:22516.83、ドル円:109.855

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック