スポンサーリンク

2018年03月31日

「V」「MSFT」「JNJ」「MCD」「VGT」「IVV」から配当金♪ しかしなんか喜べない

米国株式市場は、グッドフライデー(聖金曜日)の祝日で休場です。

20180339.png

為替は何とか、106円台をキープ。
10年債利回りは2.741%と低下。
株式は最後は、ハイテクとエネルギーが反発して終えました。

4月からは、米国・北朝鮮・韓国・中国・日本を巡る首脳会談の日程が目白押しです。
この動きが株式市場にどのように影響しますかね。

3月は沢山配当金が入っていました。
20180338.png

3月は本当に目まぐるしい月でしたね。

ホワイトハウスでは、辞任者が続出。
それに伴って、保護主義の閣僚が台頭して「貿易懸念」が高まり。

「フェイスブック」や「自動運転車」をめぐる問題が噴出。
ハイテク業界を狙った課税・賠償金に、規制懸念。
極めつけは、トランプさんの「アマゾン攻撃」。

連日、懸念材料が飛び出し、その度に乱高下を繰り返す、ジェットコースター相場でした。

そんな市場に気を取られていたら、今月はいつの間にか多くの銘柄から配当金が入っていました。

20180337.png

配当金を出してくれた銘柄は、
・「VISA」(V)・・・ 15.1ドル
・「マイクロソフト」(MSFT)・・・ 235.37ドル
・「ジョンソン&ジョンソン」(JNJ)・・・ 324.91ドル
・「マクドナルド」(MCD)・・・ 181.64ドル
・「バンガード情報技術セクターETF」(VGT)・・・ 119.31ドル
・「iシェアーズ S&P500 ETF」(IVV)・・・ 469.69ドル

このうち「VISA」と「マクドナルド」は売却済ですので、最後の配当金になります。
また、「ジョンソン&ジョンソン」も大半を売却済ですので、配当金の額は大幅に減少します。
これまで、キャピタルゲイン&インカムゲインをありがとうございました。

以上、3月の配当金は合わせて、1346.02ドル(税引き)

現在の為替で、14万3012円

手放しで喜びたいところですが、株価下落により失った額を補うには全然足りず・・・

それでも、4月は心機一転、この資金をキャピタルゲインにつなげたい。
今年に入って、株式市場に振り回されっぱなしで、動きが後手後手に回っちゃってますが、気にせずまだまだあがいていくつもりです。

4月は、期待通り一転好調になるにせよ、期待が外れて軟調が続くにせよ、決断の月になりますね。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/03/31)ダウ平均:24103.11、S&P500種:2640.87、日経平均:21454.30、ドル円:106.248

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 配当金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック