スポンサーリンク

2018年04月17日

エヌビディア・ネットフリックスへの投資を決意させた意外な理由とは?

シリア懸念が解消され、株価上昇。

ダウ30種は +0.87%、S&P500は +0.81%、ナスダックは +0.70%
どにゃるどポートフォリオは +0.40%

期待の「ネットフリックス」が決算前の利益確定売りか -1.24% と振るいませんでした。
しかし直前に売るかね? 全く理解不能ですね。 いや、決算の如何によらず、利確に押されると見ているのか? 投資家心理は難しい。
さて注目の決算はどうなりますか、楽しみです。

ブログの弊害
20180387.png
投資ブログを始めて、1年と2ヶ月が経ちました。

自分にとって投資は趣味であり、楽しいからこそやっています。

当然、資産運用なんですけれども、それよりも楽しいからやっている。
それだから、チャレンジした「高配当株再投資」も早々に断念することになったのだと思います。

日々ブログを書くようになりましたが、ブログは考えながら、自分の理性的な部分で書いているのだと思います。
そして「どにゃるど流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア」と掲げているように、将来のアーリーリタイアを見据えて、リスクとリターンのバランスのとれた、あまり大きく動かさず維持していける、そんなポートフォリオが望ましいとの思いもあります。
よって必然、記事はそういう方向にいきがちです。

一方、自分の投資はというと、
その時その時の市場状況で、自分が面白いと思う方向に投資する。
即断即決で銘柄変更にちゅうちょせず、後悔せず、チャンスと見れば、失敗を恐れず、リスクを取る。
そんな投資をやってきたつもりです。

そんな投資では、日々の値動きやマーケットニュースなどによって、直観的に投資したくなります。
ブログのなかで書いていた思いが、翌日のマーケットの動きで考えが変わることもしばしばです。
しかしどちらも自分の正直な思いです。

それでもブログに書き、形にする分、引っ掛かり、公にしている分、考えを変えることにためらいが生じます。

そんな判断の引っ掛かりにも、昨年までは何とか折り合いを付けてきました。
しかし今年に入り、ボラティリィティーが高まってきたなかでも、その引っ掛かりが、もう少し考えてみればとの判断の遅れにつながり、結構いらだちがつのっています。

先月はその葛藤を振り切り、積極的に動いたのですが、この引っ掛かりが自分に常にブレーキをかけているようで投資が楽しくない。

このように思った時に、ブログの更新を減らすか、いっそリタイヤするまで止めようか、とも考えました。


これではダメでしょ、では、どうするか。

「思いっきり、楽しく、ワクワクするポートフォリオにしてやれ!」


「半導体」や「メディア」銘柄は、あまり投資してこなかった業界になります。
それでも思い切って「エヌビディア」と「ネットフリックス」に投資したのは、このような背景がありました。
ショック療法ですね。


投資なんて、ブレようが、失敗しようが、自分らしく投資すればいいんじゃないの。
やり直しなんて、いくらでも効くし。
ずぅーと、気になる銘柄も我慢して、指くわえてチャート見ててもつまらん。


今後はブログも無理せず、続けるも止めるも流れのまま。
そして、自分らしい投資をする。
(ちなみに、今回はちょっとやり過ぎですので、もう少しおとなしいポートフォリオになると思いますが・・・)

投資方針: 面白そうな銘柄に投資する


ここ数日に渡ってポートフォリオ再編について書いてきましたが、まだそのポートフォリオを公表していない。
明日の記事にて、現在のポートフォリオを公表します。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/04/17)ダウ平均:24573.04、S&P500種:2677.84、日経平均:21835.53、ドル円:107.120

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運用方針
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック