スポンサーリンク

2018年04月28日

祝! バフェット太郎氏著書「バカでも稼げる『米国株』高配当投資」が本日発売

ナスダックが好調にスタートも、利益確定の売りにすっかり押されてしまいました。

ダウ30種は -0.05%、S&P500は +0.11%、ナスダックは +0.02%
どにゃるどポートフォリオは +1.71%

決算明けの「マイクロソフト」は+1.64%、「アマゾン」は+3.60% とはじけてはくれませんでしたが、この地合いでは良しとしなければいけませんね。

20180429.png
本日、米国株ブログを代表する投資家、バフェット太郎氏の著書「バカでも稼げる『米国株』高配当投資」が発売されます。


あれだけのブログを更新していて、かつ、本まで書かれていたとは、その努力にはただただ頭が下がります。

ちょっと景気状況が著書の発売には、逆風なところがありますが、これから著書を手に取って、投資を始めようという方には、株価も下がっていて良いタイミングかも知れませんね。

自分もぜひ、書店で手に取ってみたいと思います。
※ 光栄なことに、献本のご提案を頂きましたが、個人情報保護の観点からご辞退させて頂きました。
当然ながら、バフェット太郎氏が情報を漏らすことなどありえず、真に失礼な対応ですが、ご理解頂けると助かります。
この場を借りて、今一度お詫びさせて下さい。


自分とバフェット太郎氏とは、投資手法は、まさに「水と油」、両極端です。

正直、考えも異なる部分が多いです。

しかし、考えが異なるからこそ、バフェット太郎氏のブログは、出来るだけ読むようにしています。

例えば、「魔法の水晶玉なんて持ってないんだから、企業の将来なんて誰にも分からない」という言葉。
正直、自分はこの考えは思考放棄を助長するような気がしてあまり好きではありませんでした。

しかしその結果、将来の分からない「アマゾン」になかなか投資できませんでした。
ですが、おっしゃる通り、自分にベゾス氏の企業戦略など見通せるはずもなく、それ故、「アマゾン」の将来など分かるはずがない。
グロース株投資は、勢いに乗っておけばいいと考え、今回投資に踏み切った部分もあります。

勝手な解釈ですが、このように、投資法や考えが違っても、参考になることは多々あります。

多様性なきところに繁栄なし。

米国株投資ブログが、今後も様々な投資家がつどい、その多様性を尊重しつつ、意見を戦わせる場であってほしいと、願っています。

最後に、バフェット太郎氏、著書の発売おめでとうございます!

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/04/28)ダウ平均:24311.19、S&P500種:2669.91、日経平均:22467.87、ドル円:109.069

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック