スポンサーリンク

2018年05月02日

No.1のバリュー株! この銘柄はどうしてこんなになってしまったのか・・・

ナスダックは反発です。

ダウ30種は -0.27%、S&P500は +0.25%、ナスダックは +0.91%
どにゃるどポートフォリオは +1.12%

注目の「アップル」ですが、本日は+2.32%、そして決算発表を受けたアフターマーケットでは、+4%をこえる上昇。
昨日の記事で書きましたが、1000億ドルの自社株買いに16%の増配で予想通りの大幅高です。

ハイテク企業が好決算連発で懸念を払拭
20180437.png

3月のハイテク懸念により、多くの投資家がハイテク銘柄が株式市場を牽引していた流れが止まるのでは、との思いを抱いたと思います。

しかしその懸念は、4月23日からの決算発表により払拭されました。

「アルファベット」「フェイスブック」「アマゾン」「マイクロソフト」「インテル」などが発表した決算では、売上高や利益の堅調な伸びと強気な業績予想が示されました。
その売上や利益の伸びは、他セクターの企業を圧倒しています。

懸念による下落後の好決算でやっぱりハイテクか、との思いを新たにした人も多かったのではないでしょうか?

ブルームバーグの記事にてアナリストは、
「トランプ大統領のアマゾン攻撃から、フェイスブックのケンブリッジ・アナリティカを巡る情報流出スキャンダルに至る規制上の懸念が、ハイテク業界への巨大な暗雲になっていた。
しかし今回の決算は強気派が必要としていたカンフル剤で、信頼回復をもたらした。」
とコメントしています。

その好決算により、「フェイスブック」「アマゾン」「マイクロソフト」「インテル」の株価は大きく上昇しました。
そして、本日注目の「アップル」の好決算で、波に乗ってくれることを期待します。

「AMZN」「MSFT」「FB」が好調も「GOOGL」は乗り切れず
20180436.png

しかし、その一方で、「アルファベット」の株価は決算明けの24日に4.8%下落、その後も低迷を続けています。
20180440.png

ブルームバーグの記事に書かれている株価下落の要因は、
「1〜3月の設備投資が77億ドルに拡大したと発表し、クラウドコンピューティングや消費者向け機器など新たな商機への投資を続ける計画を明らかにしたことが響いた。」
とあります。

えっ!?
アルファベットの純利益は、アナリスト予想をはるかに上回る結果を出しているというのに、この投資拡大が利益圧迫懸念だとでも言うのでしょうか!?
これは株価上昇の要因になりこそすれ、下落の要因にはならないように感じますが・・・

もし仮に、
「1〜3月の設備投資を〇〇億ドルに縮小したと発表し、クラウドコンピューティングや消費者向け機器など新たな商機への投資を控える計画を明らかにした。」
としていたら、株価は上昇したのでしょうか?

間違いなく急落すると思います。

投資をしてもダメ、しなくてもダメ。
つまりは、投資家はすぐにでも新たな収益源の成果を示せと、それ以外はどうあっても認めないということか?

「検索エンジン」に「Google Earth/Map」、「Android」、「デジタル広告」の成功、過去の偉業が輝き過ぎているが故に、新たな革新をおこせない現状にかなり不満を抱いているように感じます。

過剰な期待、余りにも理不尽な反応に思いますが、これはかなり厳しく、根深い状況ですね。

この状況を改善するには、「アルファベット」が投資家に自動運転など次の収益源の進捗と見通しを示して、投資家を安心させるしかないのだと思いますが、手の内を明かすことにもなり難しいのかも知れません。

とりあえずは、「広告コスト」の急増が落ち着くか、「クリック単価」がプラスになるまでは、厳しい状況が続きそうな感じです。

ここまでくるとバリュー株投資家さんに「アルファベット」(GOOGL)以上のバリュー株があるか聞いてみたいくらいです。
※ こういう記事を書くと、得てしてこうなるものですが、本日の「アルファベット」は+2.18%と大幅反発です!

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/05/02)ダウ平均:24099.05、S&P500種:2654.80、日経平均:22508.03、ドル円:109.808

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル(GOOGL)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック