スポンサーリンク

2018年05月10日

いよいよフィナーレ 本日「エヌビディア」の決算発表です

徐々に勢いが出てきましたね。

ダウ30種は +0.75%、S&P500は +0.97%、ナスダックは +1.00%
どにゃるどポートフォリオは +1.35%

「Google I/O 2018」が好感されてか「アルファベット」が+2.87%と大幅上昇でした。

決算発表直前!
20180382.png

最近の決算状況と今回の市場予想を確認します。

売上高:
Q2  22億3000万ドル (+56.2%)    2017/8/10
Q3  26億3600万ドル (+31.5%)    2017/11/9
Q4  29億1100万ドル (+34.0%)    2018/2/8
Q1  28億9000万ドル (+49.1%)   指差し確認左 市場予想

EPS:  
Q2  0.92ドル(予想より+0.22$)   
Q3  1.33ドル(予想より+0.39$)   
Q4  1.78ドル(予想より+0.61$)   
Q1  1.45ドル  指差し確認左 市場予想

純利益:   
Q2    5億8300万ドル(+123.4%)   
Q3    8億3800万ドル(+  54.6%) 
Q4  11億1800万ドル(+  70.7%)
Q1 

一部証券会社のエヌビディア株の投資格付引き上げ報道以降、この通りの急上昇。
本日、あっさり最高値を更新してしまいました。

こうなると決算内容がよほどのサプライズでもないと、利益確定の流れになりそうな気もしますが、それはそれで良し。

20180466.png

市場予想は、売上高: 28億9000万ドル、EPS: 1.45 と相変わらずハードルは高目ですが、ぜひクリアしてほしいです。


「エヌビディア」への投資は”黒歴史”
20180446.png

実は「エヌビディア」への投資は今回がはじめてではなく、本ブログをはじめる前に1年弱の保有歴があります。
ブログ開始とほぼ同時期の「高配当ディフェンシブ株投資」を目指した際に、売却したというまさに”黒歴史”のいわく付きです。

あのまま保有を続けていたら・・・、というのは完全なタラレバですね。

そんな「エヌビディア」ですが、半導体に関しては全くの素人です。

半導体株といえば、技術革新が日進月歩で景気や関連業界の業績に左右されやすいという印象で、エヌビディア以外には投資経験がなく、避けてきた業界になります。

そんな「エヌビディア」ですが、こうして再び保有することになったということで、色々な情報を集めてしっかりと勉強したいところですが、あえてあまり勉強しないでおこうと考えています。

半導体業界は、「アマゾン」や「マイクロソフト」などのように消費者に身近な業界ではありません。
しかも高度な専門性をもっていて、かつ最終製品ではないので、十分な情報が容易に得られるわけでもありません。

そんな業界について自分のような素人が、なまじっか勉強したとしても「エヌビディア」の良い面だけが目に付いて、ファンになるのが関の山のように思います。

保有銘柄に惚れ込みすぎないのがスタンスなので、中途半端な情報をあまり入れないようにして、「企業業績」と「株価の動き」と「自然と入ってくる情報」を材料として投資判断していこうと考えています。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/05/10)ダウ平均:24542.54、S&P500種:2697.79、日経平均:22408.88、ドル円:109.742

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エヌビディア(NVDA)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック