スポンサーリンク

2018年06月17日

今年の株式市場、実はクラウド銘柄「猿ダーツ」で楽勝なんです。

今は、クラウド市場に投資しないと
20180435.png


5月6日の記事:「今、最も旬な市場「Cloud」、ここに投資しないのは勿体ない」など、本ブログで何度も書いていますが、現在「クラウド市場」が絶好調で、大きなリターンを得る為にはぜひ投資すべき市場です。

景気の最終盤、金融引き締め局面で、ほとんどの銘柄が昨年のようなリターンを望めない環境において、今から参入しても全然遅くない、まだまだこれからの希少な有望市場です。

猿ダーツで十分
20180645.png
しかし、クラウド市場になんか詳しくなく、数あるクラウド銘柄からどれを選べば良いのか分からない、と思います。

どれでもいい! 猿ダーツで大丈夫!
さすがに言い過ぎですが、選ぶのを迷うくらい好調銘柄が目白押しです。

クラウドインフラのIaaSからは、
「アマゾン」(AMZN)・・・保有銘柄
20180679.png
AWSでシェアトップ
年初来騰落率:+44.3%

「マイクロソフト」(MSFT)・・・保有銘柄
20180680.png
Azureでシェア2位
年初来騰落率:+17.1%

クラウドソフトウェアのSaaS市場は、もっと熱いです。
「アドビシステムズ」(ADBE)・・・ウォッチリスト銘柄
20180681.png
PDFファイルでおなじみの画像編集ソフトウエア企業
年初来騰落率:+41.7%

「セールスフォース・ドットコム」(CRM)・・・ウォッチリスト銘柄
20180682.png
クラウドアプリケーション ・ プラットフォーム企業
年初来騰落率:+32.6%

有望な新興企業では、
「サービスナウ」(NOW)・・・ウォッチリスト2軍銘柄
20180683.png
企業向けにマネジメントクラウドサービスを提供する企業
年初来騰落率:+41.5%

「レッド・ハット」(RHT)・・・ウォッチリスト2軍銘柄
20180684.png
オープンソースソフトウェアを提供する企業
年初来騰落率:+44.6%

「スプランク」(SPLK)
20180685.png
データの収集、検索、調査、監視、分析するソフトウェアを提供する企業
年初来騰落率:+33.7%

「アトラシアン」(TEAM)
20180686.png
ソフトウェア開発者を対象にした法人向けソフトウェアを開発する企業
年初来騰落率:+45.3%

「オクタ」(OKTA)・・・ウォッチリスト2軍銘柄
20180687.png
企業向けにID管理システムを提供する企業
年初来騰落率:+105.9%

「ゼンデスク」(ZEN)
20180688.png
カスタマーサービス支援ソフト「Zendesk」を提供する企業
年初来騰落率:+73.0%

例えばこの10社のクラウド企業で猿ダーツ、どれでも大当たりです。
他にもまだまだ好調なクラウド企業があります。

さすがに全部当たりじゃゲーム性がないので、ハズレも入れましょうか。
20180662.png

「IBM」(IBM)
20180689.png
年初来騰落率: -5.7%
IBMは、IaaSやSaaSの両方のクラウド市場で結構なシェアを維持しているはずですし、自社AIシステム「ワトソン」との連携も売りにしているはずですが・・・

現在クラウド市場という漁場は入れ食い状態で、各社が競って大きな網を何度も投入しています。
今こそ全力で設備投資や効果的な買収が必要な時で、高い配当金など払っている場合じゃないのですが、やめるわけにもいきませんし。

それでも高配当株が根こそぎ大きく売られているなかで、-5.7%は善戦している方でしょうか。

クラウド市場はまだ数年好調が続きますので、IBMの業績回復も期待できると思います。
その回復がどの程度株価に反映されてくるか、それは競合他社と比べてIBMの成長率が投資家にどう判断されるかにかかってきますね。
※ かなり厳しいと思うけどな〜

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/06/17)ダウ平均:25090.48、S&P500種:2779.66、日経平均:22851.75、ドル円:110.635

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック