スポンサーリンク

2018年07月07日

トランプ関税がついに発動! あれ? 織り込み済、過剰反応でしたかね

関税発動を受けて、あれ? ハイテク大幅上昇でした。

ダウ30種は +0.41%、S&P500は +0.85%、ナスダックは +1.34%
どにゃるどポートフォリオは +1.16%

「エヌビディア」「ネットフリックス」「スクエア」が大幅上昇。
完全に「エヌビディア」を買いそびれた感じです。

トランプ関税が発動! しかし織り込み済?
20170402-2-.jpg

トランプ政権による340億ドル相当の中国製品に対する追加関税が発動しました。

発動する可能性が高いと思いつつも、もしやを期待していたのですが、残念です。

さあ、リスクオフの株価大幅下落かと思いきや、日経平均は+1.12%、香港ハンセン指数は+0.47%
そして米国市場も強い強い。
どうやらこの追加関税発動は株式市場に織り込み済みだったようで、材料出尽くしの買戻しのようです。

なんだ、警戒してビビることなかった、楽観ムードが正解だったのかも知れません。

ですが、米中政治の不透明感は解消されずに延長されたのも確かです。

やはり過剰反応だったのだと
20180755.png

関税回避なら「リスクオン」で株価大幅上昇、関税発動なら「リスクオフ」で株価大幅下落と見て、
昨日の記事:「トランプ関税は発動するか? 発動有無で自分はこう動くつもり」にて、投資行動を考えていました。

当初の関税発動、「リスクオフ」での行動予定は、
「アマゾン」・・・HOLD
「エヌビディア」・・・HOLD
「マスターカード」・・・BUY
「マイクロソフト」・・・HOLD
「ネットフリックス」・・・SELL
「スクエア」・・・SELL

しかし、結果は関税発動するも、マーケットに織り込み済。
この場合の投資行動は特に考えていませんでした。

なんだか、散々警戒して検討していたのは、いつもの悪い癖、ポートフォリオ動かしたい病。
ちょっとこのイベントに過剰に反応していたみたいで、落ち着けってことですね。
結局「エヌビディア」をPFの4分の1以上に買い増す理由・キッカケがほしかったんだと思います。

この関税発動もしょせん中間選挙に向けたパフォーマンス。
ですので、米国側からこれ以上過剰に問題を過熱させ、株式市場を混乱させることはしないと思う(願う?)ことにします。

問題は、中国の反応次第ですね。

ここからは決算発表に切り替え
決めているのは「アマゾン」「エヌビディア」のホールド。
「マスターカード」を買い増したいという思いがありますが、決算発表次第で考えることにします。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2018/07/07)ダウ平均:24456.48、S&P500種:2759.82、日経平均:21788.14、ドル円:110.432

スポンサーリンク

posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケットニュース
この記事へのコメント
この状態になることはわかってた人が多いんでしょうか
Posted by のぐち at 2018年07月08日 03:38
のぐちさん、コメントありがとうございます。

トランプさん、ロスさん、ナバロさんなどは当初からやるやると言っていましたので、どこまでそれを信じていたかですね。
今後の影響拡大が心配されますが、現状ではマスコミが騒いでいるほどは影響は大きくないと思っています。
Posted by どにゃるど.com at 2018年07月08日 04:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック