スポンサーリンク

2018年06月16日

【暴論?】アクティブ投資でインデックスを上回るのは、決して難しくない

米中の関税合戦報道で株価は小幅安です。

ダウ30種は -0.34%、S&P500は -0.11%、ナスダックは -0.19%
どにゃるどポートフォリオは -0.45%

「マスターカード」と「スクエア」がプラスを維持するも、あとはマイナスです。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資手法

2018年04月21日

若い高配当株投資家さんにとって、今後数十年の決意を新たにする絶好の機会

10年債利回りの上昇と、アップルの見通し悪化により続落ですね。

ダウ30種は -0.82%、S&P500は -0.85%、ナスダックは -1.27%
それに対して、どにゃるどポートフォリオは -1.06%

来週のハイテク銘柄の決算発表を控えて、個人的にはワクワクしているのですが、「マイクロソフト」 -1.15%、「アマゾン」 -1.89% とは、他の投資家さんはワクワクしてないのかな?
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資手法

2017年12月16日

個別銘柄の選定基準は、やはりS&P500

トランプ政権がイランと航空機メーカーの取引阻止へ
20171118-87.png

トランプ米政権が、ボーイングやエアバスによるイランへの航空機販売を阻止する方策を検討しているとのことです。
また、イランとの核合意を破棄する構えを見せる中で、ボーイングをはじめとする企業とイランとの商談をぶちこわして、経済制限が継続される可能性があります。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資手法

2017年12月10日

バフェット氏の投資をまねても「ムダ」だとのことです

バフェット本を読んで、奥義を身に付ければ、同様の投資ができる?
20170516-1.jpg

世界中の個人投資家が、「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏の言葉をかみしめて、バフェット氏の成功を自らの投資で再現しようとしています。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年11月19日

バイ・アンド・ホールド戦略には、リターンで絶対に負けられない

「中配当成長バリュー株」の有力候補:ウォルマート
20171021-97.png

ウォルマートの決算は、強気な予想を上回り、売上高は2009年以来の大幅な伸びを達成しました。
オンライン事業の売上高が前年同期比50%増と貢献しました。

ウォルマートは、新規出店の抑制とゼロベース予算の導入で、コストを削減する一方で、ネット通販と既存店舗の改善に経営資源を集中して業績を急回復しています。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資手法

2017年09月17日

「退屈こそ最強」 どにゃるどの投資は参考にしない方がいいです

どにゃるど.comの投資はあまり参考にしない方がいいです
20170901-34.png
不良中年さんが9月10日のブログで「退屈な投資こそ最強の投資である。」とおっしゃっていました。
自分で基準を定めて、その基準を満たした銘柄のみを機械的に売買するという、人間の欲望という感情を排した投資法です。
愚直に、そして厳格にルールを守る、ただそれだけのとても退屈な投資法だそうです。
まさに安全で極めて失敗の少ない、ある意味、最強の投資法だと思います。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 07:01 | Comment(0) | 投資手法

2017年09月09日

発表します、この秋は"あの"銘柄で勝負か!

AIの将来は、理解不能に対する不安を乗り越えられるか次第
20170901-20.png
Google DeepMindによって開発された囲碁プログラム「AlphaGo」や、コンピュータ将棋ソフト「PONANZA」が次々に名人を破り、圧倒的な強さを見せつけています。
そんな「AlphaGo」を、「AlphaGo」vs「AlphaGo」で直接対局させてみたところ、とても人間が理解できないような、まさに神様同士が遊んでいるような対局となったそうです。

続きを読む
posted by どにゃるど.com at 09:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年09月04日

今後の景気循環をシミュレーションし、投資方針を考える〜Part.2〜

巨大化学企業ダウデュポン(DWDP)誕生!
北朝鮮の水爆実験を受けて、110円まで戻した為替が再び109円台に戻ってしまいました。
しかしここまで続くと、市場も慣れてきちゃってて、為替は底固いです。
こんな状況でも企業活動はしっかりと続いています。
化学大手のデュポン(DD)とダウ・ケミカル(DOW)の合併手続きは完了して、時価総額1300億ドル(約14兆3350億円)の巨大企業ダウデュポン(DWDP)が誕生、すでに新しい証券コードで取り引きが開始されています。
我々も気を取り直して、9月相場に向かっていきましょう。

昨日の記事:「今後の景気循環をシミュレーションし、投資方針を考える〜Part.1〜」にて、今後の景気循環をシミュレーションしました。
20170901-7.png
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年09月03日

今後の景気循環をシミュレーションし、投資方針を考える〜Part.1〜

今後の景気循環をシミュレーション
20170901-5.png
本ブログの6月29日の記事:「ピークアウトした時、どう行動するか」にてリセッション時にどう投資行動するかを簡単にシミュレーションしましたが、あれからポートフォリオも修正を加えていますので、再度考えてみたいと思います。

リーマンショック時から順を追っていきます。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 09:01 | Comment(0) | 投資手法

2017年08月29日

金融リテラシー弱者の戦い方 それでも1億円は貯められる

米国株ブログには、金融知識や投資理論豊富な方や、チャート分析にひいでた方、企業分析にひいでた方や、職業を活かしたIT業界に詳しい方などブログを拝見していて感心させられ、とても勉強になります。
20170826-10.png
自分はというと、投資経験が長いだけで、専門知識などはとぼしい限りです。

しかし本ブログをご覧の方のなかには、投資をはじめたばかりで、まだ企業分析などに精通していない方もいらっしゃると思いますので、金融リテラシー弱者の自分の投資法(投資法と呼べるのかどうか?)を紹介したいと思います。

企業分析はほどほどに
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年08月11日

チンギスハンさんのブログから自分の投資を考える

ウェルズ・ファーゴ会長辞任・取締役会刷新
不正営業問題に揺れる米銀大手 ウェルズ・ファーゴ ですが、取締役会の刷新を計画しているようです。

スティーブン・サンガー非常勤会長は来年春の株主総会までに辞任して、米連邦準備制度理事会(FRB)元理事で副会長のエリザベス・デューク氏がサンガー氏の後任に就くとみられています。
また、取締役会は9月4日の米レーバーデーの祝日までに役員人事を最終決定したいとのことです。

この動きで少しでも株主の不満を鎮静化させたいところですが、政府からのペナルティーもありそうですし、まだまだ影響は長引きそうです。

チンギスハンさんのブログから自分の投資を考える
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 08:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年08月03日

やっぱりポートフォリオは適度なバランスがリスクを下げるように思う

ポートフォリオは、最初にポートフォリオの構成を決めて、その通りに株式を買い進めていく人と、これだと思った株式を買い進めていった結果としてポートフォリオが構築される人がいると思います。
いずれにせよ、最終的にトータルとしてのバランスを確認する作業は必要かと思います。

その際に確認することは、
1. キャピタルゲインおよびインカムゲインを含めた想定利益
2. 想定リスク
20170729-12.png
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年07月24日

ドルコスト平均法の本質とは

昨日、自分にとって「ドルコスト平均法」とはストレスのかかる投資法でとても実践できないと記事にしました。
しかし、「ドルコスト平均法」の個人的にネガティブな面だけを伝えるのは、あまりフェアではないので、今回は、「ドルコスト平均法」について世間一般的に強調されているメリット・デメリットと、自分の考えの違いについて書きたいと思います。

20170701-2.png

「ドルコスト平均法」のデメリットは?
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年07月23日

ドルコスト平均法をやらない理由

先日の記事:「自分が個別銘柄に集中投資する理由とは」にて個別銘柄集中投資について、問題があることを認識しつつも放置していた反省ついでに、ドルコスト平均法についても反省しちゃいます。

20170630-10.png

大人の投資家の投資手法、
・ドル円の為替レートにとらわれず、ドルコスト平均法にて決めた日に決めた額を定期的にドル転
・株価にとらわれず、決めた日に決めた銘柄を決めた額、定期的に購入

毎回定額を投資することで安いときは沢山買い、高いときは少しだけ買うことになり結果的に平均取得価格が引き下がる。
確たる投資ルールを定め、そのルールに従って機械的に投資することによって、日々の為替レートや株価に一喜一憂せずに投資が可能。
そうすることにより、株価の値動きなどに心を煩わされることがない。

一般的に広く推奨されている投資法ですね。

ドルコスト平均法をやらない理由とは?
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | 投資手法

2017年07月17日

自分が個別銘柄に集中投資する理由とは

同じ愛知県の「ドケチリタイア日記」 mushoku2006さんが、
にて個別銘柄集中投資について警鐘を鳴らしてくれています。
自分は何度か、どんなに長く続いているディフェンシブ大型企業であろうと決して安泰ではないと書いてきました。
そして、5月27日の本ブログ記事「自分には永久保有銘柄など無理だと自覚した」にて
永久保有の方針は破棄し、売却・銘柄変更に躊躇しないとしていますが、個別銘柄に集中投資している身としては、投資理由について述べないわけにはいけません。

20170701-1.jpg

理由を述べるその前に、
FAAMGに代表される超大型ハイテク株の支配力と社会への影響度を目の当たりにするにつけ、高配当ディフェンシブ個別株をポートフォリオの柱とする投資家として当然いろいろと考えさせられます。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 10:30 | Comment(0) | 投資手法