2017年03月07日

Google よ、それでいいのか?

Googleの技術力を持ってしてもこんなもの? 
それでいいの?
20150811123538681.jpg
インターネット広告市場でダントツ30%以上のシェアで首位に君臨するのがグーグルです。
そしてその広告収入が、グーグルの売上の90%近くを占めています。
まさにグーグルは広告収入だけで儲けているといっても過言ではありません。
そのグーグル広告の一つにグーグルからの提供情報「Ads by Google」があります。
他のブロガーさんの米国株ブログで勉強させてもらっている時に、よく目につく広告が下記です。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:32 | Comment(0) | グーグル(GOOGL)

2017年03月23日

グーグルがYouTubeショックで株価急落!

<グーグルの広告めぐる危機拡大!>
20170323-3.jpg
広告がテロや反ユダヤ主義をあおるユーチューブ動画と共に掲載されていた件で、影響が拡大しています。
まず、英政府と英紙ガーディアンがユーチューブから広告を取り下げました。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル(GOOGL)

2017年06月18日

【激震】グーグルの年間売り上げの10%が消失する!?

EUがグーグルに過去最高額の罰金!
EUの反トラスト(独占禁止)当局である欧州委員会が、グーグルが自社の価格比較サイトに有利になるよう検索結果を操作したとして、近くグーグル親会社の米アルファベットに過去最高となる罰金を科す見通しだそうです。
そしてグーグルに対する罰金は、
同社の年間売上高(902億7000万ドル=約10兆0400億円)のなんと!最大10%に達する
可能性があるとのことです。

しかもグーグルにとっては巨額の罰金以上に、同委員会の決定に伴って発生する可能性のある影響がさらなる打撃となりそうです。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 05:00 | Comment(0) | グーグル(GOOGL)

2017年06月26日

【速報】EUのグーグルに対する罰金、明日にも発表

欧州連合(EU)の反トラスト(独占禁止)当局である欧州委員会が、グーグル親会社の米アルファベットに10億ユーロ(約1250億円)を超える罰金を科す方針だそうです。

明日27日にも発表されると「ウォール・ストリート・ジャーナル」が事情に詳しい関係者からの情報ということで明らかにしています。

10億ユーロ(約1250億円)を超える罰金が、どこまで超えるのかは明らかではありません。

2009年に米半導体大手インテルに科した10億6000万ユーロは超えると思いますが、当初懸念されたほどではないのかも知れません。

それよりも、罰金と同時に求められる事業慣行の見直しのほうが影響が大きいかも知れません。

 気が向いたらポチッとクリックを 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

(2017/06/26)ダウ平均:21384.28、S&P500種:2433.15、日経平均:20153.35、ドル円:111.692
posted by どにゃるど.com at 20:04 | Comment(0) | グーグル(GOOGL)

2017年07月04日

P&Gとユニリーバのグーグルに対する不満

セクターローテーションがきた〜
台風と共にセクターローテーションが上陸しました。
今まで相場を引っ張ってきた「ハイテクセクター」から、「金融セクター」「エネルギーセクター」への乗り換えの流れです。
本日は、ハイテクセクター:-0.83%に対して、金融セクター:+0.93%、エネルギーセクター:+1.52%
当面は、今まで放置されていた割安感から買われるでしょうが、それ以降どれだけ投資家の期待を集められるか?
しかし、エネルギーセクターが物色され出すと、いよいよピークアウトも近いということですね。
20170630-6.png
6月18日の「EUがグーグルに罰金」の記事で、
インターネット広告では、"広告ブロックアプリ"が急速に普及しているが、これはユーザーによる押し付け広告に対する反感から来ていること。
グーグルみずからがブロック機能をChrom追加し、みずからの判断で都合の良いように広告の表示・非表示を決めようと動いていることを書きました。
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | グーグル(GOOGL)

2017年08月27日

大規模ネット障害で謝罪&偽トラフィックで返金、グーグルさん大丈夫?

大規模ネット障害でグーグルが謝罪
25日に国内で発生した複数のインターネット接続サービスがつながらなくなる大規模通信障害が、グーグルによる通信装置の誤操作が原因だったということで、グーグルが謝罪しました。
通信障害の影響は、楽天・SBI・野村・カブドットコムなど各証券会社にも及びました。
特に楽天証券への影響が大きかったようです。
なかには、一刻も早く損切りしたいのにつながらない、損害賠償してくれ、というような例もあったようです。

グーグルが偽トラフィックを巡り広告費の返金へ
20170826-8.png
続きを読む
posted by どにゃるど.com at 18:00 | Comment(0) | グーグル(GOOGL)